09

2021

-

11

今年、この18の新規店舗が「スポーツ消費」の3つのトレンドを打ち出した


  終わったばかりのW杯は、世界中のスポーツムードを盛り上げるだけでなく、冬の「ボールを見る経済」にも火をつけた。観戦装備、お酒やおやつ、スポーツグッズなど、各分野で消費ブームが起きていると言えます。

  実は、現在の全面的なフィットネスの大環境の下で、スポーツはすでにますます多くの人の生活習慣になっており、特に新消費者層にとって、スポーツ消費には大きな潜在力があるに違いない。艾瑞諮詢が最新発表した「2022年中国若年層運動発展白書」には、次のようなデータがある。

  若者の運動面での平均年間消費額はすでに7237.6元に達し、そのうち18.1%の人は年間消費額が1万元以上に達した。

  スキー、フィットネス、サッカーは消費が最も高い3つのスポーツとなり、器材、靴、健康食品は現代の若者たちの「スポーツ3つ」となった。

  ここ5年の変化傾向を見ると、66.1%の人が自分の運動消費が増加していると考えている。

  現代の若者の運動面での消費は着実に増加していることがわかる。